宮里藍、引退後は白紙も「皆さんに必要とされることをしたい」

9月17日(日)22時38分 スポーツニッポン

ホールアウト後、ゲーリー・プレイヤー(右)と話す宮里藍

写真を拡大

 ◇米女子ゴルフツアー エビアン選手権最終日(2017年9月17日 フランス・エビアン エビアン・リゾートGC=6479ヤード、パー71)

 女子ゴルフのメジャー最終戦、エビアン選手権は17日、フランス南東部エビアンのエビアン・リゾートGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、現役最後の試合となった宮里藍(32=サントリー)は最終18番ホールを終えると、笑顔の後、感極まり目元を押さえた。

 現役最後のラウンドについて「プレーを振り返るとボギーが多かったです。でも、いいパーで締めくくれた」と振り返った。最終18ホールでは、ヤニ・ツェン(28=台湾)、ポーラ・クリーマー(31=アメリカ)ら“仲間”たちが見守る中でのパーパットとなったが「(2人を)見たら泣いてパットを打てなくなると思ったので、最後までしっかり頑張ろうと…。見ないようにしていました」と笑顔を見せた。

 最後にこの大会を選んだ理由については「日本の試合で終えたい、という気持ちもあったのですが、家族のこともあって。(エビアン選手権で)初優勝をして、2回目の優勝も東日本大震災の直後でした。自分自身のLPGAのキャリアはここから始まった」と思い出を口にした。

 注目が集まるセカンドキャリアは「何も浮かばないですね。あえて決めないでいたほうが、選手としてやるべきことができると思っていました」と白紙を強調。それでも「少し休んだ時にいくらでも(選択肢は)出てくると思います。皆さんに自分が必要とされていることをやっていきたい」と考えを明かした。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宮里藍をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ