日本ハム 9年ぶりにオリックス戦負け越し…栗山政権下ワーストタイ78敗目

9月17日(日)19時28分 スポーツニッポン

<日・オ>9回、選手交代をつげる栗山監督

写真を拡大

 ◇パ・リーグ 日本ハム2—4オリックス(2017年9月17日 札幌D)

 日本ハムは17日、延長の末にオリックスに敗れ、2008年以来9年ぶりに同カードの負け越しが決まった。

 初回に西川、松本、大谷の3連打などで2点を先取も、その後は打線が沈黙。6回2失点と力投した先発の加藤を援護できず、延長10回に5番手で登板した宮西がロメロに決勝2ランを浴びた。就任6年目で最下位に沈んだ13年に並ぶワーストタイの78敗目を喫した栗山監督は「2回以降、点を取れずに申し訳ない」と謝罪した。

 すでに日本一連覇の夢は断たれ、4位以下が確定している。それでもこの日は4万1138人が来場し、ナインに温かい声援を送った。チーム再建に向けて課題が山積している栗山監督は「これだけ入ってもらって感謝しかない。前に進めるように頑張ります」と表情を引き締めていた。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ