東海大菅生 センバツ絶望的 二松学舎大付に敗れる

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

<東海大菅生・二松学舎大付>8回9失点と崩れた東海大菅生・戸田

写真を拡大

 秋季高校野球東京都大会の1次予選が16日、多摩一本杉球場などで行われ、第5ブロック1回戦では今夏甲子園4強の東海大菅生が同16強の二松学舎大付に5—12で敗れ、来春センバツ出場が絶望的となった。

 今夏甲子園では背番号10を背負い、4試合中3試合に登板した144キロ右腕・戸田が8回9失点の大乱調で「エースにふさわしくない」と唇をかんだ。3安打4打点の活躍を見せた二松学舎大付の平間は「いい投手から打てたのは自信になる」と話した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東海大菅生をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ