中垣内ジャパン 5戦全敗終戦 王者ブラジルにストレート完敗

9月17日(日)19時58分 スポーツニッポン

 ◇バレーボール ワールドグランドチャンピオンズカップ男子大会最終日 日本—ブラジル(2017年9月17日 大阪市中央体育館)

 バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ男子大会最終日は17日、大阪市中央体育館で行われ、4連敗中の日本は、16年リオ五輪金メダルで世界ランキング1位のブラジルに0—3でストレート負けし、5戦全敗の勝ち点なしで最下位に終わった。ブラジルが4勝1敗の同12で4連覇達成。

 日本は第1セットを17—25で落とすと、第2セットは14—25、第3セットも22—25でブラジルの高さに押し切られ、ストレート負けした。日本は2大会連続して1勝もできずに大会を終えた。

 イタリアは米国に3—1で勝ち、4勝1敗の勝ち点12でブラジルと並んだが、セット率で2位。イランはフランスをフルセットで下して4勝1敗の同9で3位。米国は2勝3敗で4位、フランスが1勝4敗で5位となった。

 ▼中垣内祐一監督 今年からの取り組みとして小野寺をミドルからアウトサイドに変更して、練習開始から1カ月で冒険している感はあるが、これがわれわれの東京(五輪)に向けた覚悟だということを周りにも本人にも伝わったかなと思う。さすがにブラジルはそつがなく、付け入る隙を与えてくれなかった。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

男子バレーをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ