鹿島大逆転!後半4発 反撃弾、同点弾、決勝弾全部レアンドロ

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

 ◇明治安田生命J1リーグ・第26節 鹿島4—2新潟(2017年9月16日 デンカS)

 連覇へ、首位固めだ。明治安田生命J1リーグは16日、各地で第26節の8試合が行われ、首位を走る鹿島は敵地で最下位の新潟を4—2で下し、勝ち点を58に伸ばした。前半を終えて0—2とリードされながら、後半にMFレアンドロ(24)のハットトリックなどで大逆転した。勝ち点6差で2位の川崎Fも清水に3—0と快勝した。

 大逆転勝利で昨季王者の意地を示した——かのように見えたが、選手の心情は違った。「非常に情けない」と振り返ったDF昌子は「去年僕たちは最後に4連敗している。同じことを繰り返す流れだった」と危機感を募らせた。

 立ち上がりから残留に向けて気持ちの入った新潟のプレッシャーに気おされた。開始5分、敵陣で快足MF山崎にボールを奪われると、スルーパスを起点に左クロスから失点。同45分にもゴール前のMFホニをフリーにして、クロスからネットを揺らされた。

 0—2のビハインド。空気を変えたのはハーフタイムのカミナリだった。「ここ(会見)では言えないような、目を覚まさせるような言葉をかけた」と大岩監督は振り返る。ベンチにいたMF小笠原主将も「勝ちたい気持ちは新潟の方が出ている。そこから負けている」と空気を引き締めた。

 後半は見違えるように攻守の切り替えが早くなり、球際でも圧倒。MFレアンドロのハットトリックで逆転した。試合後は昌子が真っ先に「最初からやろうや、こういうこと。次の(天皇杯の)レッズさんや(リーグ戦の)ガンバさんなら逆転できないぞ」と声を張り上げた。

 連覇に向け、寸分の気の緩みも許されないリーグ終盤戦。20日には、中3日でリーグ戦同様に連覇が懸かる天皇杯も待つ。「これを良い経験にして次につなげないといけない」。昌子は勝ってかぶとの緒を締めた。

 ≪後半に2点差1人で逆転ハットは史上初≫鹿島MFレアンドロが後半だけでハットトリックを達成。今季は興梠(浦和=2回)に次いで2人目で計3回目。J1通算では224回目、鹿島では12年のドゥトラ以来12人目15回目(柳沢が3回、長谷川が2回)。前半終了時の2点以上のビハインドから、後半だけの3ゴールで逆転勝利へ貢献したのはレアンドロがJ1史上5人目。その中で反撃弾、同点弾、決勝弾でハットトリックを達成したのはレアンドロが初めてだ。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

レアンドロをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ