東尾修氏、後輩・工藤監督を祝福 見える意思「西武のような黄金時代を」

9月17日(日)9時38分 スポーツニッポン

ソフトバンク工藤監督(左)と東尾氏

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ソフトバンク7—3西武(2017年9月16日 メットライフドーム)

 ソフトバンクが2年ぶりのリーグ優勝を果たし、スポニチ本紙評論家の東尾修氏が後輩である工藤公康監督へ祝福のメッセージを送った。

 公康、おめでとう。武田、千賀の調子がなかなか上がらず、和田も不在。野手でも内川ら故障者が出た。戦力的には過去2年より厳しかっただろうし、不安も大きかったと思う。私はサファテをMVPに推したいが、リリーフ陣には負担がかかった。工藤監督も一番、感謝しているんじゃないかな。

 就任1年目から、常に先を見据えている。投手なら石川、野手なら上林ら若手を、将来の1軍定着を見越して段階を踏んで起用してきた。勝ちながら、育てる。計画性と実行力。3軍制を敷く球団の育成システムと工藤監督の思惑が一致して、私たちがかつてプレーしていた西武のような黄金時代を築こうとの意思が見える。

 私も彼も投手出身。一緒にやっていた頃、例えば87年は130試合のうち私、公康、(渡辺)久信、(郭(カク))泰源(タイゲン)の4人で56完投。今でも工藤監督は、いくらリリーフ陣が充実していようが先発投手には「ゴールは9回」との意識を春季キャンプから植え付けている。常勝チームへの道しるべ。ちなみに87年、公康は23完投だった。 (本紙評論家)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東尾修をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ