落合博満氏 大谷メジャー挑戦に“大あっぱれ” 張本氏の喝に「見てみたいじゃない」

9月17日(日)9時38分 スポーツニッポン

落合博満氏

写真を拡大

 元中日ゼネラルマネジャー(GM)の落合博満氏(63)が17日、TBS系情報番組「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。今オフ、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦の意思を固めた日本ハム・大谷翔平投手(23)を「大あっぱれ」と称賛した。

 「ご意見番スポーツ」のコーナーでは、今月12日の楽天戦に先発し、今季初勝利を挙げた大谷を取り上げた。投球を見た落合氏は「腕の振りがすべていい。体が大きいっていうのは、アメリカに行くには一番の武器」とコメント。大谷のメジャー行きにも「大賛成」と太鼓判を押した。

 また、大谷が高校卒業後の進路として日本のプロ野球を経ずにメジャーに挑戦することを表明していながら、日本ハムに入った経緯に触れ「アメリカに行くという最初の思いを貫くっていうことは、大あっぱれです」と大谷の意思を尊重。野球解説者の張本勲氏(77)からは「日本ハムに“喝”だ。球界の宝なんだから引き留めようとしないと」と反対の意見が出たが「いろいろ意見があっていいけど、見てみたいじゃない」とやんわり反論すると、スターがいなくなる寂しさへの指摘にも「また出てきます。必ず出てきますから」と笑顔で答えた。

 また、自身の現役時代にはメジャー挑戦の意思があったことも明かし「でも契約上無理だった。ウインターリーグでもダメ。そういう時代だった」と説明した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

落合博満をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ