逆転の広島 まさか…最下位ヤクルトに逆転負け 本拠胴上げピンチ

9月17日(日)5時38分 スポーツニッポン

<広・ヤ>9回1死一、三塁、丸は空振りの三振に倒れる

写真を拡大

 ◇セ・リーグ 広島4—5ヤクルト(2017年9月16日 マツダ)

 つかみかけた地元優勝がこぼれ落ちた。2連覇への優勝マジック「1」で臨んだ広島は3点差を守れず逆転負け。09年開場のマツダスタジアム史上2位となる今季最多3万2336人観衆の前で胴上げを見せられず、緒方監督は「勝って決めたかったけど勝ち切れなかった。初回から凄い応援でね。悔しい。残念」と唇をかんだ。

 中盤までは流れをつかんだが、2点リードの7回に暗転した。先発の薮田が2死二、三塁から代打・大松に右前同点打を浴び降板。「これも野球。また次勝てるように頑張りたい」と言葉を絞り出した。8回は3番手・今村が1死満塁から奥村に決勝の犠飛。9回1死一、三塁の好機も丸、代打・エルドレッドが倒れ、球場全体はため息に包まれた。

 セ・パの同日優勝となれば58年10月2日に巨人と西鉄が達成して以来4度目で、ともに自力優勝なら、史上初だった。しかも台風18号が接近の中、中国地方に広がる雲が広島上空だけなかった。天候も味方して30分遅れで試合開始となったが、91年以来の地元胴上げは、17日以降に持ち越し。ただ、17日は降水確率90%と試合開催は厳しい情勢で、中止なら、18日は甲子園での阪神戦だ。

 それでも緒方監督は「まだ台風が完全に来るかどうかも、中止とも聞いていない。明日に備えて準備する」と切り替えを強調した。

 ▼広島・新井(4回に右越え9号ソロ)外角の球をしっかりスイングできた。期待してくれていたファンには申し訳ない。

 ≪3万2336人は歴代2番目≫広島は9月5日に4度目のマジック点灯を果たして以降、試合のある日に数字が減らなかったのは初めてだった。また、16日のヤクルト戦では3万2336人を集め、マツダスタジアムの今季最多観衆を更新。同球場では25年ぶりのリーグ優勝が懸かった16年9月8日中日戦の3万2546人に次ぐ、歴代2番目の人数となった。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

広島をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ