磐田先制も浦和が追いついてドロー 興梠、単独トップ17点目

9月17日(日)18時18分 スポーツニッポン

<磐田・浦和>後半34分、ゴールを決めガッツポーズする浦和・興梠(左)(右はGKカミンスキー)

写真を拡大

 明治安田生命J1リーグは16日、エコパスタジアムで第26節の残り1試合が行われ、磐田と浦和は1—1で引き分けに終わった。磐田は勝ち点43で前節の6位から変わらず。浦和は勝ち点40とし、順位は前節の8位から変わらなかった。

 試合は前半21分に中村の右FKに高橋が合わせたヘディングシュートのこぼれ球をムサエフが頭で押し込み先制。浦和は後半34分、青木のパスに興梠が頭を合わせて同点に追いついた。興梠は今季17点目で、得点ランキング単独トップに立った。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドローをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ