大谷 ソフトB優勝見届ける「やっていて怖さがある」

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

<日・オ19>7回2死二塁、中田の左前打で生還した大谷。最初アウトの判定もアピールし、リプレー検証の末、セーフに

写真を拡大

 ◇パ・リーグ 日本ハム6—3オリックス(2017年9月16日 札幌ドーム)

 日本ハム・大谷が打って、走って勝利を呼んだ。2—3の3回に左前に同点適時打。2点リードの7回には中堅フェンス直撃二塁打で出塁し、続く中田の左前打で生還した。

 リプレー検証でセーフとなったプレーに「あそこは止まらずにホームにいかないといけなかった」と反省しつつ「出塁できたのは良かった」。試合後、テレビ中継でソフトバンクの優勝を見届け「毎年、毎年強い。やっていて怖さがある。素晴らしいチーム」と称えた。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソフトBをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ