東京五輪で“内村シフト”案 体操団体決勝→中3日で個人総合

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

 中3日がキングの背中を押す。20年東京五輪の体操でオールラウンダーの負担が軽減される日程が組まれる可能性が16日、浮上した。

 12年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪の体操は男子団体予選、女子団体予選、男子団体決勝、女子団体決勝、男子個人総合、女子個人総合と連日行われた。日本のエース・内村航平(28=リンガーハット)にとっては団体予選、決勝、個人総合と中1日で6種目をこなしていく過酷な日程だった。

 東京五輪では女子団体決勝の翌日にトランポリン女子、翌々日にトランポリン男子を実施。男女とも団体決勝と個人総合が中3日となる日程案を、日本協会として五輪組織委員会に提案している。遠藤幸一常務理事は、「団体で6種目出る選手の負担が重すぎる。選手を守るためにもこの日程の方がいい」と話した。内村の団体連覇から個人総合3連覇へ、回復の時間が増える日程は追い風になる。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

決勝をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ