松山68 47位浮上も不満「3アンダーはたいしたことない」

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

 ◇米男子ゴルフツアー BMW選手権第2日(2017年9月15日 米イリノイ州レークフォレスト コンウェーファームズGC=7208ヤード、パー71)

 第2ラウンドが行われ、56位で出た松山英樹(25=LEXUS)は5バーディー、2ボギーの68をマークし、通算2アンダーの140で47位とした。トップとは14打差。マーク・リーシュマン(33=オーストラリア)が64で回り、通算16アンダーで首位を守った。ジェーソン・デー(29=オーストラリア)とリッキー・ファウラー(28=米国)が3打差の2位で並んだ。

 第1ラウンドで72と出遅れた松山は、順位を9つ上げたが「周りを見れば3アンダーはたいしたことはない」と喜びは見せなかった。2番ではティーショットを左に曲げてバンカーに入れるなど、ショットに不満が残る様子。第3ラウンドでの追い上げへ「ビッグスコアを出せるように準備したい」と話した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不満をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ