ソフトB リーグ優勝から一夜、延長10回押し出しサヨナラ負け

9月17日(日)17時8分 スポーツニッポン

10回1死満塁、栗山にサヨナラ押し出し四球を与えベンチに戻るモイネロ(中)

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ソフトバンク2—3西武(2017年9月17日 メットライフ)

 2年ぶり18度目のパ・リーグ優勝(1リーグ時代を含めると20度目)を16日に決めたソフトバンクが、17日に西武と対戦。3—2で延長サヨナラ負けし、15年(90勝)以来チーム5度目の90勝はお預けとなった。

 先発の千賀は2回1死満塁で外崎に右犠飛を打たれ先制点を許す。3回には2死一、三塁、のピンチを招いたが、左翼手・中村晃が浅村の飛球を逆シングルでダイビングキャッチ。野手の好捕に救われた。6回141球を投げ4安打1失点でマウンドを降りた。

 打線は7回まで無得点も、8回にデスパイネが2点適時打を放ち逆転。だが、直後の8回裏に山川のソロで同点に追いつかれ延長戦に突入した。

 10回に5番手のモイネロが悪送球と犠打などで1死満塁のピンチを招くと、栗山に押し出し四球を許しサヨナラ負けを喫した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

優勝をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ