次やったら厳罰 大リーグ サイン盗み疑惑でRソックスに罰金

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パーク

写真を拡大

 大リーグ機構は15日(日本時間16日)、腕時計型端末「アップルウオッチ」を使って8月のヤンキース戦でサイン盗みをした疑惑で調査を受けていたレッドソックスに対し、試合中の電子機器による情報伝達が規則違反に当たるとして罰金処分を科した。

 金額は非公表で、ハリケーンが直撃したフロリダ州の被災地に寄付される。同時にヤ軍にも過去にベンチ内の電話を不正使用したとして、罰金処分を科した。ロブ・マンフレッド・コミッショナーは「次に同様の違反が起きた場合、ドラフト会議での指名権剥奪など、より厳しい罰則になる」との声明を出した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

罰金をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ