大関・照ノ富士が関脇転落へ 左膝負傷、再出場を断念

9月17日(日)11時18分 スポーツニッポン

秋場所5日目の松鳳山との一番で古傷の左膝を悪化させた照ノ富士

写真を拡大

 左膝の古傷を悪化させて大相撲秋場所6日目から休場している大関・照ノ富士(25=伊勢ケ浜部屋)が17日、再出場しないことが決定。途中休場した名古屋場所に続く2場所連続負け越しで、来場所は14場所在位した大関から関脇に転落することが決まった。

 大関の降下は現行制度となった69年名古屋場所以降では、初場所の琴奨菊以来で17人目(20例目)になる。

 照ノ富士は名古屋場所で左膝を痛めて途中休場し、カド番だった今場所は5日目に松鳳山に敗れた一番で古傷を悪化させた。11月の九州場所で10勝すれば大関に復帰できる。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

照ノ富士をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ