工藤監督 3年目に実った勝利と育成の両立…原点は広岡イズム「俺はうるさいオヤジで」

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

<ソフトバンク祝勝会>水を浴びる工藤監督

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ソフトバンク7—3西武(2017年9月16日 メットライフドーム)

 ソフトバンクは16日、西武を下し、2年ぶり18度目のパ・リーグ優勝(1リーグ時代を含めると20度目)を決めた。就任3年目の工藤公康監督(54)は最大11・5ゲーム差をつけながら逆転された昨季の雪辱を果たし、男泣き。1年目の15年に記録したリーグ最速優勝を1日更新した指揮官は、スポニチ本紙にファンへ向けた感謝の手紙を寄せた。

 背中に伝わる選手たちの手は2年前より温かかった。「工藤公康」の原点をつくった、かつての本拠地のマウンド付近で7度舞った。見えるのは現役時代の空ではなく無機質な屋根。ただ喜びの感情はどの優勝より、心に幸福が広がった。

 「今は正直、ホッとしています。CSに負けてから1年弱、このことだけを思い1年間、やってきました」

 声を詰まらせ、瞳からこぼれた涙を拭う。15年9月17日を1日上回るリーグ最速優勝の喜びではなく、昨季、日本ハムに最大11・5ゲーム差を逆転された苦しみから解き放たれた感情だった。

 「景色は540度変わった。1周半だよ」。昨季は終盤に左肘違和感の和田、柳田の右手薬指骨折などで失速。今季もスアレスが右肘手術、武田は右肩違和感、千賀も背中の張りとWBC組に故障者が出た。5月には和田が左肘手術。台所事情は火の車だった。

 「自分が退いても遺産を残したい」。就任当初から掲げた勝利と育成の両立が、3年目に実った。15年1勝だった東浜はリーグトップの16勝目、千賀は連続2桁勝利。岩崎は39ホールドと今や8回の番人だ。「頂上を目指しているのに6、7合目で満足か?」と1年目から強化指定し、厳しい練習を課してきた工藤チルドレンたちがこの窮地を支えた。

 「またやんのかよ〜」。そんな声が聞こえるようだったが、緩めなかった。自分もそうだった。「(82〜85年、西武)広岡監督の4年間は厳しかった。そこが俺の基本。だからそれ以下の練習はしなかった。広岡さんが辞められて、凄さが分かった。今の選手には35歳くらいになった時、やってよかったと思えばいい。俺は“うるさいオヤジ”でいいんだ」。追い込み、鍛え、体に張りがあるまま、マウンドへと送った。

 自らも変わった。「チームが一つになる。それが反省だった」。自分の考えに従わせるだけでなく、選手にはコーチを介し、伝えるようにし、当たりをやわらげた。口を出すのは1年目の4分の1。森浩之スコアラーを作戦コーチに昇格させサイン、作戦を任せた。2年間、ほぼ一人で背負った仕事を分業。「風通しはよくなったね」。選手、コーチの働きやすさを心掛けた。

 ブルペンの負担が増えた5月に「俺が言うまでは(肩を)つくらなくていい」と決断。中継ぎが何度も肩をつくることを禁止し、負担を減らした。投手交代は難しいが、作戦の負担が減った分、勝負勘はさえた。6回終了時でリードした試合は74勝1敗。右膝打撲の柳田ら不安を抱える選手も迷わず途中交代させ、試合平均起用人数は昨季の14・9人から15・7人に増えた。

 孫正義オーナーは巨人のV9を超える10連覇を掲げる。指揮官も「連覇したい」と言った。ゴールではなく、再出発。優勝を記念した色紙に書いたのは「夢」だ。「(夢を)与えるのは僕たちの仕事。かなえればファンは喜んでくれる」。本当のゴールである日本一へ。夢は終わらない。 (福浦 健太郎)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

監督をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ