データで見るソフトBの強さ 圧倒的「先制した試合の勝率」パ歴代1位射程圏

9月17日(日)11時28分 スポーツニッポン

<西・ソ>優勝を飾り、バンザイするサファテ

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ソフトバンク7—3西武(2017年9月16日 メットライフドーム)

 ソフトバンクが2年ぶりのリーグ優勝を果たした。9月1日にマジック点灯後は一度も足踏みすることなくゴールに飛び込んだ。柳田、デスパイネらの強力打線、守護神サファテを軸にした投手陣のデータを基に今季の強さを探った。 (記録課・八田 朝尊)

 ☆3年で2度目 工藤監督の成績は15年の就任から優勝→2位→優勝。監督1年目から3シーズンで2度リーグ制覇したのは秋山監督(ソ)以来11人目。投手出身では藤田監督(巨)以来2人目で、パ・リーグでは初めてとなった。就任から3年連続で80勝以上マークしたのは工藤監督が初めてだ。今季の白星は16日現在で89勝。シーズン最多勝利数は55年南海の99勝。残り13試合で11勝すれば100勝に届き、工藤監督は史上初の勲章も手にすることになる。

 ☆効果的な本塁打 チーム本塁打も03年以来14年ぶりに150本に到達。昨年は114本でリーグ3位だったが、現在33本塁打のデスパイネの加入が大きい。今季本塁打が出た試合は92試合で70勝22敗。2本以上出ると36勝3敗、勝率は.923まではね上がる。ちなみに本塁打で先制した試合は27試合で26勝1敗、勝率.963と驚異的だ。

 ☆先手必勝 本塁打だけでなく先制した試合の勝率も素晴らしい。ここまで79試合で71勝8敗。勝率.899は78年阪急の.902に次ぐリーグ2位の数字。今後の試合次第では阪急超えも十分可能だ。初回に得点を挙げたのは46試合、86得点と合わせてリーグトップだ。勝利打点も柳田が13試合、デスパイネが6試合で初回に記録しており、強力な中軸が立ち上がりから試合の流れを引き寄せている。

 ☆空前絶後の守護神 サファテがプロ野球史上初めてとなる年間50セーブ超え。リーグタイ記録となる17試合連続セーブもマークした。今季63試合のうち、セーブ機会での登板は52試合。失敗はイニングの途中からマウンドに上がった8月5日の西武戦のみで成功率は驚異の98%。2敗は同点の場面で登板した時のもので、相手チームに逆転を許したことは一度もない。

 ☆先発&救援も安定 今季89勝のうち先発投手の勝利が66勝。東浜の16勝を筆頭に10勝投手が3人おり、先発陣の勝率も.667と安定している。中継ぎ陣も岩崎、森が30ホールド以上をマーク、黒星は抑えのサファテを除くとわずか6試合。逆転負けも12試合しかない。ただ、救援陣が安定しているためかチーム完投数はここまで4試合。このまま優勝チームが完投5試合以下でシーズンを終えるとパでは史上初になる。

 ☆ラストスパートで独走 2位・西武とは現在14.5ゲーム差。このまま10ゲーム差以上を維持すれば15年の12ゲーム差以来の独走Vになる。パの最大ゲーム差Vは51年南海が西鉄につけた18.5差。さらに差を広げて歴史的な優勝となるか。

 ▽福岡ソフトバンクホークス 1938年に南海電鉄を経営母体に創設。44年に近畿日本、46年に近畿グレートリングと改称し、47年から南海ホークス。1リーグ時代に2度優勝し、73年までに10度のパ・リーグ制覇(日本一2度)。その後は低迷が続き、88年秋にダイエーが買収し本拠地を大阪から福岡に移した。93年に福岡ドーム(現ヤフオクドーム)が完成。95年から王貞治監督が指揮し、99年にダイエーで初優勝、日本一にも輝いた。2000年にリーグ連覇。03年は再び日本一になった。

 球団買収により05年からはソフトバンクとして参戦。王監督は08年限りで退任し、秋山幸二監督が就任し10年からリーグ2連覇し、11年は日本一。14年にリーグ制覇、日本一となり、オフに秋山監督が退任。15年は工藤公康監督が就任1年目で日本一、17年もリーグ優勝を飾った。球団オーナーは孫正義氏。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソフトBをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ