ライアン小川 右肘張りで降板「自分から申し出た」

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

<広・ヤ>4回で降板した小川

写真を拡大

 ◇セ・リーグ ヤクルト5—4広島(2017年9月16日 マツダ)

 ヤクルト・小川泰弘投手(27)が16日の広島24回戦で右肘に張りを訴え、4回74球で降板した。

 17日に出場登録を抹消する。残り日程上、今季中に復帰するかは未定で、あと2勝だった目標の2桁勝利には届かなくなった。「肘の張りがあったので自分から申し出た」と小川。伊藤投手コーチは「しっかり原因を究明することが先決」と説明した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

降板をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ