青木 今季15度目のマルチ安打!二塁打2本&2得点で1番の役割果たす

9月17日(日)11時18分 スポーツニッポン

ブレーブス戦の7回に左越え二塁打を放った青木 (AP)

写真を拡大

 ◇ナ・リーグ メッツ7—3ブレーブス(2017年9月16日 アトランタ)

 メッツの青木宣親外野手(35)は16日(日本時間17日)のブレーブス戦に「1番・右翼」で先発出場。3回の第2打席と7回の第4打席でそれぞれ二塁打を放ち、5打数2安打2得点と活躍した。マルチ安打は今季15度目で3日のアストロズ戦以来。シーズン打率は2割7分。

 初回の第1打席は左直に倒れた青木。3回の打席はイニングの先頭打者として打席に立つと、ブレーブスの先発・ディッキーが投じる魔球ナッグルボールを捉えて右越え二塁打。続くニモの適時二塁打でホームを踏んだ。

 4回の第3打席は右飛。7回の打席は再びイニングの先頭打者として打席に立ち、2番手・シムズから今度は左越え二塁打。その後、スミスの適時二塁打でこの日2得点目のホームを踏んだ。9回の第5打席は遊ゴロに倒れ、今季7度目の1試合3安打とはならず。

 チームは7—3で勝利し、連敗を5で止めた。

 ▼青木の話 二塁打を打つのは一つのテーマ。(3回のフェンス直撃の二塁打は)あそこまで行ったら入ってほしかったけど、いい打撃だった。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

メッツをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ