統一ミドル級王者ゴロフキン、前日計量パスで防衛に“自信”

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

前日計量でにらみ合うゴロフキン(中央右)とアルバレス(中央左)(AP)

写真を拡大

 ボクシングの統一世界ミドル級タイトルマッチの前日計量が15日に米ラスベガスで行われ、WBAスーパー&WBC&IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、元WBC王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)はともにリミットの72・5キロでパスした。

 37戦全勝33KOのゴロフキンは「俺は明日も王者であり続ける」、2階級制覇のアルバレスは「真のメキシカンの戦いを見せてやる」とコメントした。今年最大のビッグマッチは17日午前10時からWOWOWプライムで生中継される。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ミドル級をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ