川崎F、屈辱払しょく3発!ACLの敗退から中2日でも快勝

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

 ◇明治安田生命J1リーグ・第26節 川崎F3—0清水(2017年9月16日 アイスタ)

 川崎Fが3発快勝でACLの悪夢を払しょくした。浦和との準々決勝で大逆転負けを喫し、中2日で迎えた敵地・清水戦。主将の小林は「体はキツかったけど、みんなしっかり戦って、走って奪った勝利」と振り返ったように、開始から気持ちのこもったプレーで相手を圧倒した。

 中でも光ったのがDF車屋だ。1—0の前半25分に小林のリーグ4戦連発を左足クロスでアシストした。13日の浦和戦では、足を高く上げたプレーが危険と見なされ一発退場。シャワー室で一緒になった小林に「すみませんでした」と話すなど責任を背負い込み、翌14日は志願のハードメニューを消化した。海外では不可欠な激しさを伴うプレーで微妙な判定だっただけに、「どこまで(危険な)ラインなのか難しいところがあって今日も頭をよぎった」と振り返ったが、「激しさは失ってはいけない」とこの日も積極的な姿勢を貫いた。

 ACLの悔しさを乗り越えハード日程もはね返す快勝。悲願のタイトル獲得へ川崎Fが再び勢いを取り戻した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

川崎をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ