先制犠飛の西武・外崎「粘った」延長でタカ破る

9月17日(日)17時33分 読売新聞

 西武3—2ソフトバンク(パ・リーグ=17日)——西武の外崎とのさきが先制の犠牲フライを放った。

 二回一死満塁、ソフトバンクの先発・千賀に対し、フルカウントから懸命にファウルで粘り続け、14球目をライトへ打ち上げた。

 「必死に粘った。最後は外野まで運べてよかった」と振り返った。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西武をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ