佐々木朗希、奥川恭伸、森下暢仁…誰にいく? 12球団ドラフト1位を大予想

9月18日(水)7時10分 フルカウント

日本ハムはすでに佐々木の1位指名を公言

 2019年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は10月17日に都内のホテルで開催される。昨年は根尾昂、藤原恭大、小園海斗と高卒野手に大きな注目が集まったが、今年は投手陣にドラフト1位で競合となりそうな好素材がいる。

 その筆頭候補が最速163キロを誇る大船渡・佐々木朗希投手、最速154キロで甲子園準優勝投手の星稜・奥川恭伸投手、そして大学ナンバー1投手の呼び声高い明治大・森下暢仁投手の3人だろう。競合覚悟でこの3投手に入札するのか。はたまた他の選手で単独指名を狙うのか。

 この3人以外に、創志学園の西純矢投手、東邦の石川昂弥内野手、社会人ではJFE西日本の河野竜生投手なども1位候補として名前が挙がる。この先、12球団は編成会議、スカウト会議を経て、どの選手を1位で指名するのか、検討していくことになる。

 ここでは各球団の今季の戦いぶりやこれまでのドラフト指名の傾向から、独自に12球団のドラフト1位入札選手を予想してみた。

【パ・リーグ】
西武→森下暢仁
ソフトバンク→佐々木朗希
ロッテ→奥川恭伸
楽天→佐々木朗希
日本ハム→佐々木朗希
オリックス→奥川恭伸

 先の「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」でも分かるように佐々木にはまだ体の弱さが残り、即戦力とは言えない。それだけに数年のスパンをかけて育成できる台所事情に余裕のある球団でないと、手を挙げるのは難しい。ソフトバンクは編成を見ると、それだけの余力がある。楽天は地元東北出身選手として何としても欲しい逸材だろう。日本ハムは既に佐々木の1位指名を公言している。

 パ・リーグ首位に立つ西武は、やはりまだ投手陣が課題だ。昨年の松本航に続き、大卒即戦力として期待できる森下がピッタリだと言える。ロッテ、オリックスは佐々木よりも即戦力としても期待ができる奥川というチョイスが合っているのではないだろうか。

【セ・リーグ】
巨人→佐々木朗希
DeNA→森下暢仁
広島→奥川恭伸
阪神→奥川恭伸
中日→奥川恭伸
ヤクルト→森下暢仁

 DeNAはここ数年、即戦力投手を続けて指名している。この流れを汲むとすれば、大学ナンバーワンの森下が最有力候補か。ヤクルトも“神宮の星”である森下を逃さない手はない。中日は同じ“中部圏”に位置している石川・星稜の奥川、阪神も“甲子園の星”となった奥川が第一候補となるのではないか。

 広島も若手投手の伸び悩みが見られる。将来性重視の佐々木よりも、即戦力としても期待できる奥川がターゲットになるか。優勝へのマジックを4としている巨人は、先発陣はまだ手薄ではあるものの、30年に1人の逸材と言われる佐々木は何としても招き入れたい存在ではあるだろう。(Full-Count編集部)

フルカウント

「ドラフト」をもっと詳しく

「ドラフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ