CL初戦でスコアレスのバルサ…グリーズマンは改善を決意「努力を続けていかないと」

9月18日(水)14時56分 サッカーキング

CLのドルトムント戦で先発・フル出場したグリーズマン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのドルトムント戦を振り返った。18日、スペインのスポーツ紙『マルカ』が報じている。

 ドルトムントの本拠地『シグナル・イドゥナ・パルク』に乗り込んだバルサだったが、なかなかスムーズな攻撃を繰り出すことができなかった。56分にはネルソン・セメドがジェイドン・サンチョをペナルティエリア内で倒して、PKを献上。マルコ・ロイスのキックはマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがセーブして事なきを得たが、試合はスコアレスドローに終わっている。

 ドルトムント戦に先発・フル出場を果たしたグリーズマンは、試合後に反省の弁を述べた。

「敵地でドアをノックすることができなかった。改善の必要があるね。僕たちはこれからも努力を続けていかなければならない。でも、1ポイントは1ポイントだ」

 この試合では、大黒柱のリオネル・メッシがケガから復帰した。メッシ、ルイス・スアレスとの“新・トリデンテ”を機能させるために、グリーズマンは自身がすべきことを分かっているようだ。

「彼らの動きに慣れないとね。僕たちは協力して動いていくべきだ」

 CLグループステージ第2節は10月2日に行われ、バルサはインテルをホームに迎える。

サッカーキング

「グリーズマン」をもっと詳しく

「グリーズマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ