オリックス岸田、球団は功労者としてポスト用意 「勿論、チームに残ってもらう」

9月20日(金)17時5分 フルカウント

岸田は会見で「少しでも恩返ししたい気持ちはある」

 オリックスの岸田護投手が19日、京セラドームで会見を行い、今季限りでの引退を表明。オリックス一筋、プロ14年目の右腕に球団関係者は「勿論、チームに残ってもらう」と、何らかのポストを用意することを明かした。

 岸田はプロ14年で先発、リリーフとして通算432試合に登板し44勝30敗、63ホールド、63セーブの成績を残し、多くの若手からも慕われ兄貴分としてチームを支えてきた。

 これまでの功績を称えた右腕に球団関係者は「勿論、チームに残ってもらう。役割はまだ決まっていないが功労者ですから。若手らここまで投手陣をまとめてくれたのは岸田のおかげ」と、球団として何らかのポストを用意していることを明かした。

 岸田自身も会見で「少しでも恩返ししたい気持ちはある。年を取ってくるとそういう気持ちが出てくるもんですね」と語っていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

フルカウント

「オリックス」をもっと詳しく

「オリックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ