楽天、オコエの大飛球が本塁打→ファウルに判定覆る 審判団判断でリプレー検証

9月22日(日)16時47分 フルカウント

8回、オコエがポール際に大飛球を放ったが、ポールの左側を通過

■楽天 – 西武(22日・楽天生命パーク)

 楽天のオコエ瑠偉外野手の本塁打の判定が覆り、ファウルになった。

 22日、本拠地楽天生命パークで行われた西武戦。8回2死で打席に入ったオコエは、西武の小川から左翼ポール際への大きな飛球を放った。ポールの左側を通過するファウルだったが、三塁塁審の原は右腕をグルグルと回し、本塁打と判定した。

 騒つくスタンド。オコエはダイヤモンドを一周したが、審判団が集まり協議。西武側のリクエストが出る前に、審判団の判断によってリプレー検証が行われ、判定はすぐに覆りファウルになった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ