【浦和vs鳥栖プレビュー】前回2−1で勝利をつかんだのは鳥栖…浦和は興梠慎三が17得点と奮闘中

9月22日(金)19時2分 サッカーキング

鳥栖はコロンビア人FWイバルボが存在感を増している。前節の甲府戦では決勝点をアシストした [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

■浦和レッズ 興梠慎三は直近の公式戦5試合で4得点

【プラス材料】
 残された選択肢のなかで来年のACL出場権獲得の可能性が最も高い道だった天皇杯では、20日の4回戦で鹿島に敗れた。リーグ戦では首位の鹿島との勝ち点差は18で逆転優勝は絶望的。ACL出場圏内の3位柏とは勝ち点10差だが、浦和より上位の4チームがその座を狙っているため、こちらも状況は厳しい。

 今の浦和は暗いニュースが多いというのが実際のところだが、そのなかで唯一の希望と言えるのが興梠慎三が結果を出し続けていることだ。けがを抱えながらのプレーで、決して本来の調子ではないものの、リーグ17得点で現在得点王。直近の公式戦5試合で4得点という数字は立派というほかない。天皇杯では、逆転を狙うために途中出場を余儀なくされたが、それでも「今日はある程度、体を休められた」と少しでも休養が取れたのは小さくない。

【マイナス材料】
 チーム状況が決して良いとは言えないなか、多くの選手がけがをしている状況はまさに泣きっ面に蜂だ。

 リーグ前節の磐田戦でベンチ外だったラファエル・シルバは右大腿部の肉離れで全治2週間。堀監督のもと、サイドアタッカーとしてまずまずのパフォーマンスを見せていただけに、指揮官にとっても痛い離脱だ。

 磐田戦で出番のなかった柏木陽介は天皇杯の鹿島戦ではベンチ外。試合翌日の練習も別メニューのため、鳥栖戦の出場も厳しいかもしれない。負傷を抱える李忠成、平川忠亮もベンチ外だった天皇杯の翌日のトレーニングで別メニューだったため、こちらも状態が懸念される。

 堀監督は守備強化の重要性を掲げるなかで4−1−4−1のシステムを採用しているが、先制点を奪われるケースが多く、失点の仕方も簡単に急所を突かれる形が散見されるのは気になる。

文:totoONE編集部

■サガン鳥栖 負傷していたGKの権田修一が復帰濃厚

【プラス材料】
 リーグ前節の甲府戦は2−1で勝利。今季初の逆転勝利で、連敗を2でストップさせた。しかも、そのゴールを挙げたのはキム・ミンヒョクとチョン・スンヒョンの韓国人センターバックコンビ。共にリーグ戦初ゴールということもあり、本人たちはもちろん、チームメートも大喜び。引き分け濃厚だった展開からアディショナルタイムに決勝ゴールを奪ったことで、チームには勢いが生まれた。

 今週の練習では仙台戦で負傷交代となったGK権田修一も復帰。前節以外はリーグ戦でゴールをマウスを守り続けてきた。前節のGK赤星拓も出来は悪くなく、守護神争いも激しくなっている。浦和との前回対戦はホームで2−1で勝利したが、この試合でプロ初ゴールを挙げた福田晃斗は「冷静に自分たちのやるべきことをしっかり見つめてやっていきたい」と話した。

【マイナス材料】
 守備を大事にしている鳥栖だが、リーグ戦は3試合連続失点中。しかも最近の2試合では15分以内に失点して自ら試合を難しくしている。マッシモ・フィッカデンティ監督は「こちら側のミスで失点しているのは明らか」と振り返り、集中力を保つように促した。

 今節は、今季まだ1勝しかしていないアウェイゲームに加え、これまで1勝しか挙げていない埼玉スタジアム2002での試合だけに先制点を許すと鳥栖はかなり苦しくなる。

 また、最近の試合でゲームキャプテンを務める左サイドバック吉田豊が累積警告による出場停止になるのも鳥栖にとっては大きなマイナス。守備面だけでなく、攻撃でも大きく貢献している彼に代わって出場が濃厚な三丸拡がどんなプレーを見せるかがカギとなる。

文:荒木英喜

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

興梠慎三をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ