バルサ、グラナダに敵地で2発完敗…メッシが今季リーグ戦初出場も無得点

9月22日(日)6時44分 サッカーキング

昇格組グラナダが本拠地で勝利を収めた [写真]=Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第5節が21日に行われ、グラナダとバルセロナが対戦した。

 バルセロナはルイス・スアレスやアントワーヌ・グリーズマンを先発に起用し、リオネル・メッシはベンチスタートとなった。バルセロナは前節、バレンシアに5−2と大勝している。一方、昇格組グラナダは前節、2−0でセルタに勝利を収めている。

 試合は開始2分にいきなり動く。グラナダが右サイドでボールを奪うとアントニオ・プエルタスがエリア右からクロスを供給。ラモン・アゼーズがヘディングで押し込み、グラナダが先制に成功した。

 前半をグラナダの1点リードで折り返す。バルセロナは後半からリオネル・メッシとアンス・ファティを投入して逆転を狙う。

 63分、投入直後のアルトゥーロ・ビダルがエリア内でハンドを判定され、グラナダがPKを獲得する。キッカーを務めたアルバロ・バディージョが右下に決めて、グラナダが追加点を得る。

 このままスコアは動かず試合終了。グラナダがホームでバルセロナを2−0で下した。

 次節、グラナダはアウェイでバジャドリードと、バルセロナはホームでビジャレアルと対戦する。

【スコア】
グラナダ 2−0 バルセロナ

【得点者】
2分 1−0 ラモン・アゼーズ(グラナダ)
65分 2−0 アルバロ・バディージョ(グラナダ)

サッカーキング

「グラナダ」をもっと詳しく

「グラナダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ