勝負強さ発揮した鹿島、後半ATの決勝弾で5連勝。2位との差を8に広げる

9月23日(土)21時1分 フットボールチャンネル

【鹿島アントラーズ 2-1 ガンバ大阪 J1第27節】

 明治安田生命J1リーグ第27節の試合が23日に行われ、鹿島アントラーズがホームでガンバ大阪と対戦した。

 4連勝で順調に首位を走る鹿島は、残り8試合となった時点で2位川崎フロンターレと6ポイント差。連覇に向けてこのまま白星を重ねていきたいところだった。

 だが開始からわずか7分、先手を取ったのはアウェイのG大阪。GK東口からのロングボールを右サイドで収めたファン・ウィジョが昌子をブロックしつつ反転して抜け出し、早いタイミングでシュートを放つ。GK曽ヶ端の意表を突いたシュートがニアを破って先制点となった。

 そのままG大阪が1点のリードで前半を終えるかに思われたが、アディショナルタイムに入ったところで鹿島に絶好の同点チャンスが到来。ペナルティーエリア右側に侵入した中村が泉澤の背後からのファウルで倒されてPKを獲得した。

 PKから金崎の放ったシュートには東口が見事に反応し、わずかに触ったボールが左ポストを叩く。だがこれを拾ったレアンドロが東口の股間を抜くシュートを冷静に流し込んだ。前節のハットトリックに続いてのゴールを決めたレアンドロは二桁に乗せる今季10点目。

 1-1で折り返した後半は徐々に流れが鹿島へと傾いていく。特に後半半ば以降は鹿島に決定的な形が相次いだが、レアンドロや金崎などのシュートは惜しくも枠を捉えることができない。

 だが最後は鹿島が持ち前の勝負強さを発揮し、G大阪の守備を再びこじ開けることに成功する。後半アディショナルタイムに入った90+2分、右からのCKに合わせた植田のヘディングがゴール右隅に収まり2-1と逆転してみせた。

 そのまま試合を終え、鹿島は5連勝。ドローに終わった川崎Fとの差は8ポイントに開いている。

【得点者】
7分 0-1 ファン・ウィジョ(G大阪)
45+3分 1-1 レアンドロ(鹿島)
90+2分 2-1 植田直通(鹿島)

フットボールチャンネル

「鹿島アントラーズ」をもっと詳しく

「鹿島アントラーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ