【松下信治緊急インタビュー】突きつけられた実力以外の現実。シーズン半ばでの離脱の真意と今後のプランを語る

9月24日(木)11時30分 AUTOSPORT web

 9月22日、今季、MPモータースポーツからF2選手権に参戦していた松下信治が、ロシア・ソチのレースを目前に控えた22日に突然チームから離脱したことが明らかになった。


 シーズン前半は予想外の不振に苦しんでいたが、第6戦スペインのレース1で優勝を飾り、復調をアピールしたばかりだった。日本への帰国途中の松下がチーム離脱の経緯、そして今後どうするのかを語ってくれた。


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 


──先ほど、パリに着いたばかりということですが。


松下信治(以下:松下):はい。パリ経由でこれから日本に帰るところです。数日前にオランダでチームと話し合って、その後、イタリアのアパートを引き払ってきました。


──今回、このような形で急に離脱することになってしまいましたが、シーズン途中でシートを失うことになった経緯を話してくれますか。


松下:ひと言で言えば、スパ・フランコルシャンのレース1でクラッシュして、マシンを全損させてしまった。その修理費が全額はとても払えない。それでチームとしては僕の代わりに資金を持ち込めるドライバーを乗せざるをえないと。プライベートチームなのでそのお金がないと、レース活動自体が続けられないということです。仕方がないです……。

第7戦ベルギーのレース1でチームメイトのフェリペ・ドルゴヴィッチと痛恨の同士討ち。松下のマシンは後方を大破し、リタイアとなった。
第7戦ベルギーのレース1でチームメイトのフェリペ・ドルゴヴィッチと痛恨の同士討ち。松下のマシンは後方を大破し、リタイアとなった。


──スパのクラッシュがチームメイトとの同士討ちだったということも、影響があったのではないか。そんな見方も日本では出ています。


松下:いや、それはまったくないですね。あの事故の時点であれは純粋にレーシングインシデントだったということでチームも納得してます。純粋にお金の問題です。あのクラッシュでエンジンを全損していました。それは保険が下りないらしく、加えて、マシン後部が全部壊れてしまったので、他にもクラッチやギアボックスなども破損していました。後ろからぶつかってなければ、こんなことにはならなかったと思います。


──日本に帰国して、今後の予定は決まっているのでしょうか。


松下:まだ具体的なことは何も決まってないです。お世話になったスポンサーさんへの挨拶回りやレース関係者にお会いして、ベストな体制で来シーズンを迎えたいと思ってます。


──今シーズンの途中から日本のレースに参戦する可能性はあるのでしょうか?


松下:いまのところは未定ですが、その可能性は低いです。


──来シーズン、日本で走ることになってもフォーミュラにこだわりたい?


松下:そうですね。スーパーGTに乗らないということではもちろんないですが、できればフォーミュラに乗りたいです。ただ、来シーズンはDTMが実質的に消滅してしまう。そうなると、そこであぶれたドライバーが日本に来ることは十分予想できる。椅子取りゲームになってくると思うので状況は厳しくなるでしょうね。


──今後のレース活動は国内に限定するのですか?


松下:そういうふうには決めてないです。可能性はすごく小さくなってしまいましたが、F1に行きたいという気持ちはいまも変わりません。これまで応援してくれた人たちのためにも、その気持ちは持ち続けるつもりです。F1に行くという気持ちをぶれずに持ち続けたことが、これまで決して平坦じゃなかった僕のレースキャリアの支えになってましたから。

スパでのクラッシュが起こる前、第6戦バルセロナのフィーチャーレースでは17台抜きで逆転優勝を果たした。
スパでのクラッシュが起こる前、第6戦バルセロナのフィーチャーレースでは17台抜きで逆転優勝を果たした。
強烈なブレーキングを武器に持つ、松下のドライビング。次にその腕前が見られるのはどのカテゴリーになるのだろうか。
強烈なブレーキングを武器に持つ、松下のドライビング。次にその腕前が見られるのはどのカテゴリーになるのだろうか。

AUTOSPORT web

「離脱」をもっと詳しく

「離脱」のニュース

「離脱」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ