【MLB】Rソックス3年連続Gグラブ名手の“ロケットスロー”に米驚愕 「信じられない送球」

9月24日(火)23時9分 フルカウント

右翼ポール付近から三塁へノーバウンド送球でアウトを奪ったベッツ

■レイズ 7-4 Rソックス(日本時間24日・タンパ)

 レッドソックスのムーキ—・ベッツ外野手が23日(日本時間24日)、敵地レイズ戦で披露した“キャノン砲”が米で話題になっている。右翼ポール付近から三塁へノーバウンド送球で走者を刺した鬼肩をMLB公式ツイッターが伝えている。

 誰もが目を奪われるレーザービームが飛び出したのは6回。無死二塁からレイズのガルシアは右翼線へタイムリーを放つと二塁ベースを回り三塁を狙った。ベッツは右翼ポールで打球を処理すると、三塁へドンピシャの送球をノーバウンドで送りアウトを奪った。

 MLB公式ツイッターは「レーザー」とコメントを添え、右翼からのアングルで捉えたベッツの“鬼肩スロー”を動画で公開。三塁ベースにドンピシャで、糸を引く送球にファンからも歓喜の声が上がっていた。

「見るのがやめられない」

「キャノン」

「ワォ。それしか言えないよ」

「ロケット」

「マジかよ」

「ワォ!」

「素晴らしい眺め」

「正真正銘、素晴らしい選手」

「(レーザー)というよりかはライナーだね」

「マジか、信じられない送球だ!」

 3年連続でゴールドグラブ賞を獲得している名手のプレーにファンも「見るのがやめられない」「素晴らしい眺め」と称賛の声が上がっていた。(Full-Count編集部)

フルカウント

「ロケット」をもっと詳しく

「ロケット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ