【新馬/中山4R】プリサイスエンド産駒 タヤスゴールドがデビューV

9月26日(日)21時26分 競馬のおはなし

 26日、中山競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1200m)で1番人気、江田照男騎乗、タヤスゴールド(牡2・美浦・岩戸孝樹)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にライヴサファイア(牝2・美浦・牧光二)、3着にスウィートナー(牝2・美浦・菊沢隆徳)が入った。勝ちタイムは1:11.7(良)。

 2番人気で菅原明良騎乗、オールフラッグ(牡2・美浦・奥村武)は、4着敗退。

人気に応える

 1番人気に支持された江田照男騎乗、タヤスゴールドが嬉しいデビューVを飾った。スタートの出はやや悪かったものの、向正面をかかり気味に一気に進出。早々に3、4コーナーで先頭に並びかけてしまうチグハグな競馬となったが、直線ではまさかのもうひと伸び。ここでは力が違うと言わんばかりの走りで見事に押し切った。

タヤスゴールド 1戦1勝
(牡2・美浦・岩戸孝樹)
父:プリサイスエンド
母:ラブレインボー
母父:フレンチデピュティ
馬主:横瀬兼二
生産者:上山牧場


競馬のおはなし

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ