羽生結弦、地元・宮城のローカル局出演の「数値化されない価値」とは

2022年9月27日(火)17時0分 ココカラネクスト

(C)Getty Images

 世界に名を知られたスーパースターが見せた親しみやすい行動に、称賛の声が広がっています。

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、2018年平昌五輪を連覇した羽生結弦さんが、地元・宮城のテレビ局に続々と生出演。東北放送、ミヤギテレビ、仙台放送、khb東日本放送といったローカル局のスタジオを訪れ、そこで展開されたトークが全国の羽生ファンの間で絶賛されているのです。

【関連記事】羽生結弦関連書籍がスポーツ本の上位独占 出版関係者が悲鳴「勝負にならない」


 スポーツ紙のデスクは言います。

 「出演している姿を見ると、『お仕事』とは思えない(笑)。心から故郷を愛して、地元の応援してくれる人々のために少しでも役に立ちたいという、楽しむ気持ちが画面越しに伝わってきます。迎え入れる各局の盛り上がりや興奮も、自然と伝わってきますよね」

 現在のアスリート界における羽生さんの「格」から見ると、地方局を回るという行動は、なかなか想定できないことのようです。

 「世界を相手にするあのクラスになると、あんまりそういうことはしませんよ。例えば、イチローさんが愛知のテレビ各局を回るなんて、想像できないでしょ(笑)。限られた時間を使って、どのメディアのどの番組に出れば自身の価値を最大化できるか。あくまで戦略的に計算の上で行うのが現代のトップアスリートの『常識』ですが、羽生さんはそんなの関係ない。そこに見えてくるのは、ただ『人柄』なわけです」

 そして、NHKや在京キー局といった大手メディアだけを「選別」しない羽生さんの姿勢は、最終的に自らを助けることになると語るのは、あるメディア関係者です。

 「人生は山あり谷あり。羽生さんの今後の人生も、いろんなことがあるかもしれない。何かにつまずいた時、まあ、羽生さんの場合は考えにくいけど(笑)、親身になって力になってくれるのは、やはり故郷・仙台の人々じゃないでしょうか。おそらくそういったことも皮膚感覚で分かっているのが、羽生結弦という男なんじゃないかと思いますね」

 人間、絶頂のときには、根っこで支えている人々へと思いを致すことが、なかなかできないものです。しかし、今回の羽生さんの自然体の行動は、大手広告会社でも導き出せない「数値化されない価値」を、自らにもらたすことになると言えるでしょう。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ココカラネクスト

「羽生結弦」をもっと詳しく

BIGLOBE旅行 都道府県民限定プランのご紹介♪

愛知県民限定・県民割でお得に宿泊できる!人気のおすすめ旅館・ホテルはこちら 愛知県民限定・県民割でお得に宿泊できる!人気のおすすめ旅館・ホテル

「羽生結弦」のニュース

「羽生結弦」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ