FC東京、J1残留を目指す松本山雅とスコアレスドロー…2位以下との勝ち点差を広げられず

9月29日(日)16時53分 サッカーキング

松本山雅FCとFC東京が対戦した [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 2019明治安田生命J1リーグ第27節が28日に行われ、松本山雅FCとFC東京が対戦した。

 27日に行われたリーグ戦の結果により暫定で鹿島アントラーズに首位を奪われたFC東京だが、その鹿島と3位の横浜F・マリノスが引き分けているため、勝利を収めて2位以下に差をつけるチャンスだった。対する松本は現在、自動降格圏内の17位に沈んでおり、J1残留に向けホームで少しでも勝ち点を積み上げたいところ。なお、この試合でスターティングメンバーに名を連ねたMF岩上祐三がJ1通算100試合出場を達成している。

 序盤から堅守速攻を見せる松本は10分、縦に速い攻撃を展開するとセルジーニョ、永井龍を経由して最後は町田也真人がペナルティエリア右へ持ち込んでシュート。しかしこの決定機は、わずかに枠の左へ外れてしまう。一方のFC東京も得点を狙うものの、松本が敷く堅守の突破口を見つけられず。前半は両チーム無得点で折り返す。

 ハーフタイムでの選手交代はなく迎えた後半、FC東京は永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラの2トップを中心に松本ゴールに襲い掛かるが、それでも得点を奪うまでには至らない。すると72分にCKを得た松本は、一度はクリアされるも、ボールを拾った町田がペナルティエリア手前の右からクロス。これを永井龍が頭で合わせたが、ボールはクロスバーを叩きゴールネットを揺らすことはできなかった。

 その後は両チーム交代カードを切ったものの得点は生まれず、スコアレスドローという結果で幕を閉じた。次節、松本はアウェイでベガルタ仙台と、FC東京もアウェイでサガン鳥栖と対戦する。

【スコア】
松本山雅FC 0−0 FC東京

サッカーキング

「FC東京」をもっと詳しく

「FC東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ