ホークス王会長と小久保氏がトークショー ダイエー初V当時を振り返る

9月30日(日)17時25分 フルカウント

語り掛けるようなトークで624人のファンを魅了

 ソフトバンクの王貞治会長とOBの小久保裕紀氏が30日、ヤフオクドームに隣接するホテルでトークショーを行った。

 球団創設80周年を迎えた今年、ソフトバンクは開幕からゲストOBを招いて「レジェンドデー」を開催してきた。今回のトークショーは、その80周年イベントの締めくくりともいえる豪華な内容だった。

 ステージに2人が姿を現すと、詰めかけたファンからは割れんばかりの拍手。ダイエー時代から試合実況をしてきた元TVQ(現:フリー)の川上アナウンサーが進行役を務め、話題は主に九州移転後初優勝を達成した1999年のこと。打てなくてもずっと4番を任された小久保氏の苦悩や、4番で使い続けた王会長の思いなどが明かされた。

 客席は当時を知る往年のファンを中心に、624名の熱心なホークスファンが集結し、王会長も小久保氏も常に客席に向かって語り掛けるようにトークを展開。ファンを何よりも大事にする2人の姿勢が何年たっても変わらないということを、改めて確認できたトークショーだった。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

フルカウント

「トークショー」をもっと詳しく

「トークショー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ