あと一歩で番狂わせ…トンガ、3連敗も熊本のファン沸かせた

10月6日(日)22時58分 スポーツニッポン

試合後、おじぎするトンガの選手たち(AP)

写真を拡大

 ◇ラグビーW杯1次リーグC組 トンガ21—23フランス(2019年10月6日 熊本県 えがお健康スタジアム)

 トンガは2点差まで接近したが、3連敗。ただ、準優勝3度の強豪、フランスを最後まで苦しめ、熊本のスタジアムに詰めかけたファンから大きな拍手が送られた。

 試合前の国歌斉唱ではフランスの大声援がこだました。トンガにとってはアウェーな空気の中で始まったゲームは前半3分にペナルティーを与え失点。その後も主導権を握れず苦しい展開が続く。

 7—17の後半。相手のキャッチミスが目立つようになり、チャンスが増える。6分。右サイドから前方へ蹴られたキックは転々とし、これをCTBヒンガノがつかんで、叩きつけるようにトライを決める。38分にはキックパスを左サイドでFLカペリがキャッチしてトライ。コンバージョンキックも決まり2点差となり、会場は地鳴りのような歓声に包まれた。

 CTBのピウタウ主将は大きな歓声をもらったことについて「あきらめないでしぶとく一生懸命試合していたのが理由と思う」と話した。ケフ監督は「立ち上がりが良くなかった。良ければ勝っていたかも知れない」と悔やんでいた。

スポーツニッポン

「トンガ」をもっと詳しく

「トンガ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ