ついに首位浮上も…ユーヴェ指揮官は平静を保つ「ほとんど意味がない」

10月7日(月)14時42分 サッカーキング

首位に浮上したユヴェントスのサッリ監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ユヴェントスのマウリツィオ・サッリ監督が、白熱の“イタリア・ダービー”を振り返った。6日に、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 インテルの本拠地『スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ』に乗り込んだユヴェントスは、試合開始わずか4分でパウロ・ディバラが先制点をゲット。PKを決められ一度は同点に追いつかれたものの、終盤の80分にゴンサロ・イグアインが決勝点をマークし、ユヴェントスがアウェイで貴重な勝ち点3を手にした。

 インテルをかわして首位に躍り出たユヴェントスだが、サッリ監督はあくまで平静を保っているようだ。

「この段階において、インテルを追い越したことにはほとんど意味がないよ。私たちはとても質が高かった。ドリブルも効果的だったし、チャンスを多く作ったね」

「(ハンドでPKを献上した)マタイス・デ・リフトは後退したかって? 彼はユヴェントスのサッカーと守り方に適応しているところだ」

「私たちには改善の余地がある」とも述べたサッリ監督。首位に立っても、一切の油断はなさそうだ。

サッカーキング

「首位」をもっと詳しく

「首位」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ