ヒュンダイ、SEMAショーに出展する「サンタフェ スポーツ」の画像を公開

10月9日(月)16時0分 日本版Autoblog


SEMAショー2017に向けて、出展されるクルマの情報が続々と入ってきている。今回、ヒュンダイが画像を公開した出展車両は「ロックスター・エナジー・モアブ・エクストリーム・オフローダー・サンタフェ・スポーツ・コンセプト」。この舌を噛みそうな長い名前には、ヒュンダイが声高に伝えたいことの全てが詰まっている。しかし、そんなワードの多くは、この3列シートのクロスオーバーを見た顧客の心におそらく届かないだろう。マーケティングの論理とSEMAがいつも合致するとは限らないのだ。

我々がこのクルマについてヒュンダイに問い合わせたところ、担当者からいくつかの情報が明かされた。それによると、このヒュンダイ「サンタフェ」はまだ名前にあるようなモアブの岩場を実際に走ってはいないという。しかし、「これからモアブで厳しいテストを行い、SEMAに向けて特別なビデオを用意する」とのこと。楽しみだ。

ヒュンダイによれば、昨年のニトロを積んだ「ロックスター・サンタフェ・コンセプト」と同様、このサンタフェは「全く新しいクルマ」になっているという。キング製コイルオーバー、R1コンセプト製ブレーキ、AEM製インテーク、ミシモト製冷却システムなど、全ての装備がそれを物語っている。そして、今年のコンセプトにもナイトラス・エクスプレス(NX)システムが搭載されている。存在感のある新しいホイールとタイヤ、新たな外装をまとい、フロントのLEDライトは増量されている(だが、SEMAショーに出品するトラックとして、このライトで十分だろうか?)。ウィンチを装備しているようには見受けられないが、ルーフトップテントは装備されている。

このクルマが公開されるSEMAショー 2017は、10月31日から11月3日まで、米国ネバダ州ラスヴェガスで開催される。

By ALEX KIERSTEIN

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

日本版Autoblog

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヒュンダイをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ