高野連が「球数制限」導入へ、もし松坂大輔の時代なら…

10月9日(水)7時0分 NEWSポストセブン

PL戦で延長17回を投げぬいた横浜の松坂大輔投手(1998年。写真:時事通信フォト)

写真を拡大

 高校野球に、ついに「球数制限」が導入されようとしている。この改革によって、春夏の甲子園はこれまでとは全く違ったものに生まれ変わることになりそうだ。10月16日に発売される新著『投げない怪物 佐々木朗希と高校野球の新時代』で、激変する高校野球の現場を追ったノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。


 * * *

“令和の怪物”こと佐々木朗希(岩手・大船渡)が10月2日、プロ志望届の提出を表明した。10月17日のドラフト会議では複数球団による競合が必至だろう。


「これまでたくさんの人に支えられて頑張れた。恩返しできるように頑張っていきたい」


 会見で佐々木はそう語った。この夏、大船渡の國保陽平監督は連投による佐々木の肩・ヒジの故障を防ぐため、岩手大会決勝で佐々木を起用しなかった。国民的な議論を巻き起こしたこの“登板回避”は、球児にとって最大の夢である甲子園よりも、球児の将来の可能性を優先するという、高校野球に新たな価値観が登場したことを象徴する出来事だった。


 そうした新たなうねりの中、日本高等学校野球連盟(以下、高野連)は9月20日に「投手の障害予防に関する有識者会議」を開き、来春の選抜から「1週間で500球以内」「3連投禁止(3日続けての登板の禁止)」といった投球制限を設ける方針を固めた(3年間は試行期間)。投手の「投球過多(投げ過ぎ)」を回避するルールを設け、故障を予防しようという試みである。


 地方大会でも採用されるため、昨年夏に快進撃を見せた金足農業(秋田)の吉田輝星のように、孤高のエースが地方大会からひとりで投げ抜くようなケースが今後はなくなり、複数の投手を育成し、継投や先発ローテーションのような策を講じなければ全国制覇どころか、甲子園にたどり着くことさえ困難な時代がやってくる。


◆延長17回裏で無念の途中降板!?


 振り返れば、甲子園の歴史は大会をひとりで投げ抜く怪物エースの歴史だった。初めて「怪物」の名が冠せられたのは、栃木・作新学院の江川卓(元・巨人)だ。高校時代の公式戦だけでもノーヒットノーランを9回記録し、完全試合も二度、達成した。1973年の選抜では、準決勝で敗れるも、4試合で60奪三振を記録。


 昭和の怪物が江川なら、平成の怪物は松坂大輔(現・中日)だろう。1998年夏の甲子園において、決勝の先発マウンドに上がった横浜(神奈川)のエース・松坂は、ノーヒットノーランの快挙とともに、同校史上初めて春夏連覇を達成した。この大会で松坂が投じた球数は、782球にのぼった。


 日本高野連が新たに導入する方針の「1週間で500球以内」「3連投禁止」を当時に当てはめるとどうなるか。この大会の日程と松坂の投じた球数は以下のようなものだった。


■1998年 第80回全国高等学校野球選手権大会

8月11日(1回戦)対柳ヶ浦(大分)/139球

8月16日(2回戦)対鹿児島実業(鹿児島)/108球

8月19日(3回戦)対星稜(石川)/148球

8月20日(準々決勝)対PL学園(大阪)/250球

8月21日(準決勝)対明徳義塾(高知)/15球

8月22日(決勝)対京都成章(京都)/122球


 休養日がなく、もっとも投手に負担の大きかった時代と言えるだろう。今夏の甲子園から、準々決勝の翌日に加え、準決勝の翌日にも休養日が設けられるようになったが、1998年夏の松坂は3回戦から決勝まで4連投だった。当時と現在では、そうした甲子園のスケジュールに違いがあるので、単純に比較はできないものの、この大会の松坂に対して「1週間(7日間)で500球」というルールを“適用”してみる。


 計算していくと、松坂は2回戦の鹿児島実業戦から準々決勝のPL学園戦までの「5日間で506球」を投じている。新ルールの細部はこれから決められていくが、もし「1週間で500球に達した時点で降板」という規定が採用されるなら、PL学園戦の延長17回裏という、まさに大詰めの場面で、マウンドを降りなくてはならなかったことになる。そして、翌日の準決勝、翌々日の決勝では1球も投げてはいけないのだ。明徳義塾戦の9回表にリリーフ登板して逆転サヨナラ劇を呼び込んだ名場面も、京都成章戦の圧巻の“決勝ノーノー”も生まれなかったことになる。


 こうして見ると、改めて松坂がいかに過酷な状況で登板していたかがわかる。やはり球史に残る怪物だったのだ。

NEWSポストセブン

「球数制限」をもっと詳しく

「球数制限」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ