広島会沢は残留、国内FA権行使せず 監督直接電話

10月10日(木)13時8分 日刊スポーツ

マツダスタジアムで会見し、チーム残留を発表する広島会沢翼捕手

写真を拡大


広島会沢翼捕手(31)が10日、マツダスタジアムで会見し、今季取得条件を満たした国内FA権を行使せずに残留することを発表した。
会沢は今季126試合に出場。チャンスで圧倒的な勝負強さを発揮し、リーグトップの得点圏打率3割5分1厘をマークした。12本塁打は球団捕手では1953年の門前真佐人に並ぶシーズン最多。3度目の2桁本塁打も球団最多だった。守りでも、正捕手として投手陣をリーグ2位の防御率3・68に導いた。そして何より、選手会長としてチームを引っ張ってきた。
佐々岡新監督は、新監督就任要請を受諾してすぐに、直接電話で残留を呼びかけていた。これに対し会沢は「力が必要と言っていただいた。ありがたい言葉。うれしいですね」とコメント。FA権行使の判断材料になるかと問われ「ぜんぜんなります」と話していた。新指揮官のラブコールが届いた形だ。
チームの要だった会沢の残留は、佐々岡カープにとって朗報。4位からの巻き返しに向け、大きな懸念の1つが解消された。

日刊スポーツ

「会沢翼」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「会沢翼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ