長友、10年ぶり代表ゴール「いつも狙っていたんですけど決められて嬉しい」

10月10日(木)22時58分 スポーツニッポン

前半、長友ゴール(撮影・篠原岳夫)

写真を拡大

 ◇W杯アジア2次予選 日本6−0モンゴル(2019年10月10日 埼スタ)

 DF長友は前半33分、国際Aマッチでは09年10月8日香港戦以来10年ぶりとなる得点を決めた。「遠かったですね。いつも狙っていたんですけど、10年ぶりにゴールを決められて嬉しいです」と話した。

 試合全体についても「自分たちは経験もあるので、しっかりと落ち着いて入れました。前半の4得点で試合を決められて良かったと思います。中も締められていたので、サイドから攻撃しようとチームで話し合っていました」と振り返り、「ゼロで抑えて、しっかり6点獲れたことは良かったと思います」とこの試合で良かった点を挙げた。

 FW大迫が不在だったことについて聞かれると「誰が出場してもしっかりとパフォーマンスを発揮しないとワールドカップでは勝っていけないので、選手層という意味でも今日の試合でアピールできた選手もいると思います」と語った。

スポーツニッポン

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ