石川遼はショットに手応えも… パター不調で伸ばせず1アンダー・44位T

10月11日(木)19時36分 ALBA.Net

グリーン上で苦しんだ石川遼 あすはパット改善に努める(撮影:村上航)

写真を拡大

<日本オープンゴルフ選手権競技 初日◇11日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

昨年の本大会で国内復帰を果たした石川遼が、今年も参戦。予選落ちとなった昨年の雪辱を果たすべく臨んだが、初日は4バーディ・3ボギーの「70」と、1アンダーで終了。44位タイ発進と、やや出遅れる結果となった。


伸ばしきれなかった要因は、今週変えたパターにある。1試合前の「トップ杯東海クラシック」ではピン型を使っていたが、今週はセンターシャフトに変更。「センターシャフトにしたことでフェースのローテーションを抑える感じになっているので、インパクトのときのヘッドスピードが全体的に落ちている」。ピン型のときは、インパクトのときに手首の返しを利用し、加速させてタッチを合わせていた。センターシャフトだとそれができないため打ち切れず、加えて実際よりもグリーンが速く見えることもあり、「全体的にショートしてしまった」と、この日は2回の3パットを喫した。

ショットに関しては「このショットを打っていたら、崩れるイメージが湧かない」と感触がいいだけに、スコアを爆発させるにはパッティングの修正が必須だ。「明日もスコアを伸ばせるように頑張りたいですし、修正するのはパッティングのタイミングだと思う」。まずは予選通過に向けて、課題のクリアを目指していく。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「石川遼」をもっと詳しく

「石川遼」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ