次世代ガソリンエンジンSKYACTIV-Xを搭載した「アクセラ」を公開か!? マツダが東京モーターショー出展概要を発表!!

10月11日(水)5時0分 日本版Autoblog



マツダは、10月25日に開幕する(一般公開日は10月28日〜11月5日)第45回東京モーターショー2017において、今後導入される次世代商品群の先駆けとなる次世代商品コンセプトモデルと、次世代デザインの方向性を具現化した次世代デザインビジョンモデルの2台を公開すると発表した。

今回のマツダのショーテーマは、「マツダは"走る歓び"で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する。」だ。このテーマには、将来においても「走る歓び」にあふれるカーライフを提供することで、ユーザーの人生を豊かにし、ユーザーとの間に特別な絆を持ったブランドになる、という決意が込められているのとのこと。  

画像は、世界初公開となる次世代商品コンセプトモデル。タイミング的には「アクセラ」のモデルチェンジの時期が近付いているため、アクセラのベースとなるショーカーではないかと推測できる。

なお、このモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックで、ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて目処をつけた「SKYACTIV-X」と、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能を実現しているとのこと。

また、次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮し、マツダが考える理想的なコンパクトハッチバックを目指しているとのことだ。

ティーザー画像のため、わかりづらいが、フロントフェイスは、「ロードスター」のような細いヘッドランプが採用され、リアはソリッド感のあるデザインに進化しているように見える。毎回大幅なイメージチェンジがなされてきた歴代アクセラなだけに、4代目となるアクセラがどのようなデザインで登場するのか楽しみだ。

こちらは、次世代デザインビジョンモデルだ。

2012年の「CX-5」発売以来、世界中から高く評価されてきたマツダの魂動デザインの表現方法をさらに深化させた、次世代デザインの考え方を具現化したモデルとのこと。

一時は「RX-7」の後継のロータリークーペが登場するのではとの噂もあったが、このモデルはセダンタイプのようだ。次期「アテンザ」のデザインの方向性を示唆するものになるのだろうか。

また、技術展示物として、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」が出展される予定となっている。

その他、先日ご紹介した「ロードスターRF」の手動運転装置付車が参考出品、そして「CX-8」、「デミオ」の特別仕様車「ノーブル・クリムゾン」、ロードスターの特別仕様車「レッド・トップ」、ロードスターRF商品改良車などの市販予定車も出展される予定だ。

デザイン、技術ともに、今後のマツダの方向性が一目でわかる出展となりそうなので、期待したい。

マツダ 東京モーターショー2017特設サイト

日本版Autoblog

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マツダをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ