永久シード選手からのアドバイスで開眼!?浅地洋佑が首位タイ発進!

10月12日(木)20時35分 ALBA.Net

最終予選を突破し首位タイに立った浅地洋佑(撮影:鈴木祥)

写真を拡大

<日本オープンゴルフ選手権 初日◇12日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70)>

いよいよ開幕した国内メジャー「日本オープン」の初日。今大会最終予選を勝ち上がり、この大舞台に駒を進めてきた浅地洋佑が、1イーグル・4バーディ・ノーボギーの“64”をマーク。小平智と並び、6アンダーで首位タイに立った。


「自分でもビックリ」の1日となった浅地。最大の見せ場は、15番パー5のイーグル。残り245ヤードのセカンドショット、5番ウッドで打ったボールは50センチにピタリ。「ラッキーでした。ティショットも完璧、セカンドも完璧。今日イチが2回出た感じです」と、会心のショットに思わず笑みがこぼれた。

9月の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」で10位タイに入り、今季初のトップ10フィニッシュ。今季は開幕から5試合連続予選落ちが続くなど結果を残せていなかったが、8月の「フジサンケイクラシック」の時に、4年前からオフの合宿を共にさせてもらっている永久シード選手の片山晋呉から、パッティングのリズムとショット時のグリップについての”金言”できっかけをつかんだ。

リズムは「ゆっくりと」、グリップは「右手を握った時に親指と人差し指がだいぶ離れていたので、くっつけた」と修正し、練習を重ねてきた。それが、このメジャーの初日に実を結んだ。

「フェアウェイから打てたので、チャンスにつく回数が多かったですね。これで予選は大丈夫です」と、白い歯をみせた浅地。今季は出場12試合中半数の6試合で予選落ちを喫していたが、今週は安泰だろう。この日はフェアウェイキープ率が9位(71.43%)、パーオン率に関しては1位(83.33%)と安定感がズバ抜けていた。現在の賞金ランキングは74位と、1円でも多く稼ぎたいところだが、この日のようなプレーが続けられれば、5年ぶりの賞金シード復活も見えてくるはずだ。

片山からは多くのアドバイスをもらっており、それがなければ「ここに立っていないです」と感謝した24歳。この大会で結果を出すことが、きっと恩返しにもなるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

タイをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ