「ラッシュ」を意識したトヨタ顔!? ダイハツが「ビーゴ」後継になりそうなコンセプトカーを東京モーターショーに出展!!

10月12日(木)5時0分 日本版Autoblog



ダイハツは、東京モーターショー2017に、ワールドプレミア4車種4台・ジャパンプレミア1車種1台・計5車種5台の参考出品車、1台の市販予定車、および10台の市販車を出展すると発表した。

なお、出展テーマは、2017年3月の創立110周年を期に刷新したグループスローガン 「Light you up 〜らしく、ともに、軽やかに〜」となっている。

画像は、ワールドプレミアとなるコンセプトカーの「DN TREC」だ。"日常と趣味の両立を実現するコンパクトでスタイリッシュなSUV"というコンセプト。

アクティブ、ファン、タフをテーマにした上質でコンパクトなスタイリングは、量産モデルになりそうなぐらい完成度が高い。

フロントフェイスは、どことなく親会社のトヨタ「オーリス」を想わせるデザインが採用されており、現在販売終了となってしまったトヨタ「ラッシュ」、ダイハツ「ビーゴ」兄弟の後継になるのでは!? と、期待をしてしまいそうだ。

インテリアは、RVテイストではなく、近未来的な新鮮味のあるデザインが採用されている。パワートレーンは1200ccハイブリッド、または1000ccターボも搭載可能とのことで、もし量産化されるとしたら、「CH-R」の弟分という位置づけになりそうだ。

こちらは、ワールドプレミアとなるコンセプトカーの「DN U-SPACE」だ。

"忙しいママを支える、モアスペース系軽自動車の使い勝手の良さをさらに高めた新提案" とのことで、次期型「タント」をイメージさせるモデルだ。

特徴としては、モダンプロダクト的なシンプルさをもった内外装、ハンズフリー機能を備えたBピラーインの大開口前後スライドドア、助手席チップアップ シートによる室内ウォークスルー、前席パノラマビューなどによる使い勝手の向上などが盛り込まれている。なお、軽自動車なので、パワートレーンは660ccガソリンエンジンとなっている。

ライバルのホンダ「N-BOX」の人気が高いだけに、この新しい提案が来場者に受け入れられるかが次期モデルのキーとなりそうだ。

こちらも、ワールドプレミアとなるコンセプトカー「DN PRO CARGO」だ。

"軽自動車の便利さを徹底的に追求した商用EVモデル"とのことで、女性やシニアでも使いやすい、低床フラットフロアによる室内高1,600mmでウォー クスルー可能な室内大空間・荷室の使い勝手の良さを実現したEVとなっている。

ちょっと、共通点が薄いようにも見えるが、1957年に発売し、幅広い業種・用途で活躍した「ミゼット」の、使い勝手の良さと高い拡張性を継承したモデルとのこと。

EVの注目度が高まっているが、このようなコンパクトで使い勝手を追求したダイハツらしいEVの量産モデルも期待したいところだ。

「DN COMPAGNO」もワールドプレミアとなるコンセプトカー。

"アクティブシニアのためのコンパクト4ドアクーペ"ということで、スタイリッシュなデザインと大人2人がゆったり過ごせる室内空間で、豊かなセカンドライフを彩る新しい提案をするモデルとのこと。

1963年に発売された「コンパーノ」(画像左下)の、コンパクトながらスタイリッシュなデザイン思想を継承した、伸びやかで美しいシューティングラインを備えたスタイリングが採用されている。

前席を優先した、大人2人がゆったり過ごせる室内パッケージと、スポーティで上質感あるインテリアがアクティブシニアの心を射止めるポイント。

パワートレーンは1000ccターボまたは、1200ccハイブリッドも搭載可能とのこと。4ドアクーペというコンセプトやそれに近いコンセプトでは、過去には日産「プレセア」、少し大きなサイズではトヨタ「カリーナED」、「コロナエクシヴ」、マツダ「ペルソナ」などがあり、アクティブシニアがそれらのクルマを所有していた可能性も高い。会場での反響が気になるところだ。

その他、ジャパンプレミアのコンセプトカーとして、以前ご紹介した「DN MULTISIX」や、市販予定車として、「ハイゼット カーゴ」(スマートアシストⅢ搭載車) なども出品される予定だ。

東京モーターショー2015で出品されたコンセプトカーでは、ムーヴ・キャンバスやミライースのエッセンスが入ったモデルが出展されており、量産モデルとして発売された実績もある。数あるコンセプトカーの中で、どのモデルが量産として登場するのかを会場で推測してみてはどうだろうか。

日本版Autoblog

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ダイハツをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ