巨人・中田 再昇格へ!活躍の鍵を握る「エゴサの壁」とは

10月12日(火)12時20分 ココカラネクスト

 3度目の正直となるか。巨人・中田翔内野手(32)が12日の阪神戦(東京ドーム)から1軍に再登録される見通しとなった。中田は打撃不振で今月1日に登録抹消、その後、ファームで再調整を行っていた。


 チームは6連敗中。つながりを欠く打線の起爆剤に指揮官が求めたのは昨年リーグ打点王の勝負強さだった。攻撃陣につながりさえ生まれれば再浮上が期待できるとあって、中田に命運を託した。

 中田は8月20日に無償トレードで日本ハムから巨人入り。同22日のDeNA戦(東京D)で移籍後初アーチを放つも、その後は打撃不振に苦しんだ。9月11日に登録抹消。ファームでは長嶋茂雄終身名誉監督の直接指導や、阿部2軍監督の熱血指導を受けて、最短の10日間で1軍復帰を果たした。

 しかし再昇格となった後も9月23日の広島戦(マツダ)で本塁打を放ったのが唯一の活躍と打撃不振に陥った。9試合で24打数2安打と低迷。10月1日に2度目の降格となった。

 昨年のパ・リーグ打点王。実績は十分ながら、ここまで結果を残せていない理由として、メンタル面の問題も指摘されている。元木ヘッドコーチは注目度が高い巨人という球団に移籍してきたことで「ノーヒットで記事になるんだから。そういうのもプレッシャーになってくる。(巨人は)マスコミ球団だから慣れていってもらわないと困る」と様々なことを報じられても動じない強い心を求める。

 元々入団の経緯からして、同僚への暴力行為を起こしたことで無償トレードと異例の事態。移籍から約1か月半が経過した今となっても、中田の一挙手一投足が話題になるとあって、早くこの環境に慣れるしかないというのだ。

 さらに中田に関してはこんな問題も指摘されている。「気持ちが太いように見えて、実に繊細。自分が周囲にどう見られているのか、気になって仕方がないらしく、どうしても検索してしまうとか。本来なら、シーズン中はスマホを見るのも最低限にして野球に専念するしか浮上の道はないのですが・・・」(球界関係者)。

 自身のエゴサーチを行うことで余計気分が落ち込んで、野球に身が入らなくなっている可能性も指摘されている。エゴサーチとは「エゴサ」と略されることも多い、検索エンジンなどを使って自分の本名を検索、自身の評価を確認する行為を指す。芸能人などもよく行っていると公言している。そういった低評価をモチベーションにして、さらに活躍の場を広げる人もいれば、一方で気持ちが落ち込んでいるときなどは、そういった意見を目にすることでさらに気分が落ち込んでしまうこともある。

 中田にとっても今回の再々昇格が来季に向けて大事な意味を持つことはわかっている。チームは現在6連敗中、9月に入って急失速と来季に向けてはチームは若返り、大幅な変革が急務とされる。「いわば原監督の温情で巨人に移籍しましたが、ここまで成績を残せなければ、来季は若手を率先して使うでしょう。その意味では今回の阪神戦の昇格が定位置獲りのラストチャンスとなるかもしれない」(同)。

 レギュラーシーズンも残り9試合。残された時間は多くない。今度こそ中田は意地を示せるだろうか。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


ココカラネクスト

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ