元コロンビア代表MF、米国に身柄引き渡し。コカイン密輸で今年3月に逮捕

10月12日(土)19時40分 フットボールチャンネル

 違法な薬物取引の疑いで逮捕された元コロンビア代表MFのジョン・ビアファラ氏が、米国へ身柄を移送されることになった。米メディア『ESPN FC』などが伝えている。

 ビアファラ氏は今年3月、約5kgのコカインの米国への違法な輸出を試みたとして母国コロンビアで逮捕された。先月にはコロンビア最高裁が米国への引き渡しを認める決定を下し、現地時間11日には法務大臣によるサインが行われたとのことだ。

 現在40歳のビアファラ氏はコロンビア代表として2003年から2010年までに34試合に出場し、2大会のコパ・アメリカ(南米選手権)にも参加。クラブレベルでは2004年にオンセ・カルダスでコパ・リベルタドーレス制覇に大きく貢献し、イングランドのポーツマスとサウサンプトン、スペインのレアル・ソシエダでのプレー経験もあった。

フットボールチャンネル

「コロンビア」をもっと詳しく

「コロンビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ