田中将大から始まる奇跡の3連勝、ヤ軍GMが絶賛「見事、とにかく圧巻だった」

10月12日(木)13時55分 フルカウント

「高くそびえる壁に立ち向かう一歩を踏み出してくれた」

 ヤンキースは11日(日本時間12日)、敵地で行われたインディアンスとの地区シリーズ第5戦に5-2で勝利し、リーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。リーグ最高勝率チームを相手に、2連敗からの3連勝という大逆転劇。第3戦に好投し、シリーズの流れを変えた田中将大投手について、ヤンキースのキャッシュマンGMは「見事、とにかく圧巻だった」と最高級の賛辞を送った。

 2勝2敗で迎えた決戦で、先発サバシアが4回までインディアンス打線を無失点に抑える好投を披露。打線はグレゴリアスの2打席連続アーチなどで3点の援護を送った。サバシアは5回に突如崩れ、4連打で2点を失ったところで降板。だが、後を任された中継ぎ陣が奮起し、リードを守り抜いた。

 9回にはガードナーの右前打などで2点を追加。最後は守護神チャプマンがジャクソンを見逃し三振に仕留め、奇跡の大逆転で地区シリーズ突破を決めた。

 試合後、シャンパンファイトで歓喜に沸くチームをうれしそうに見守ったキャッシュマンGMは、第3戦で見せた田中の働きについて「一歩一歩進むしかないが、高くそびえる壁に立ち向かう一歩を踏み出してくれた。よく奮起してくれた」と、快投をねぎらった。

 今季は田中にとって好不調の波が激しいシーズンとなったが、「彼の実力、才能、精神的強さに疑いは持っていない。ノッている日は攻略しがたい投手。前回はそれを証明してくれた。屈指の大舞台で、チームが必要としている場面で好投してくれた」と高く評価した。

 試合後「初めて貢献できたかもしれない」と話した田中だが、逆転3連勝の呼び水となった快投は、GMも歓喜させる大きな貢献となった。(Full-Count編集部)

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

田中将大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ