ソフトバンク甲斐「驚いた」上林「思い出を」侍選出

10月12日(木)21時3分 日刊スポーツ

ソフトバンク甲斐(17年6月29日撮影)

写真を拡大


 侍ジャパン稲葉篤紀監督(45)の初陣となる「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16〜19日、東京ドーム)に出場する代表メンバー25人が12日発表され、ソフトバンクからは甲斐拓也捕手(24)と上林誠知外野手(22)の2人が選ばれた。
 オーバーエージ枠で選ばれた甲斐は世代別を含め、初の選出に声を弾ませた。「驚いたが素直にうれしい。まずは肩という長所をしっかり出して、チームに貢献できるように頑張りたい。投手と会話を多くして、しっかりリードできるようにしていきたい」。
 仙台育英時代にU18日本代表に選ばれて以来の代表選出となった上林は「高校の時はあまりいい思い出がないので、いい思い出を残して帰りたい。稲葉監督にとっても初めての大会なので、優勝を目指して頑張りたい」と、抱負を語った。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソフトバンクをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ