カナダ・アードロン主将ら釜石で震災慰霊碑に献花

10月12日(土)17時38分 日刊スポーツ

13日に釜石鵜住居復興スタジアムで予定されるナミビア戦を前に、鵜住居駅前にある釜石市東日本大震災慰霊碑を訪れ、献花するカナダの選手たち(撮影・野上伸悟)

写真を拡大


カナダがナミビア戦が行われる岩手・釜石鵜住居復興スタジアム近くにある「釜石市東日本大震災慰霊碑」に献花し、犠牲者を追悼した。関係者から震災の説明を受けると、全員で日本式に深々と頭を下げ祈りをささげた。
アードロン主将は「市民が一生懸命準備してくれたおかげで、釜石で試合ができることに感謝し、恩返しをしたい」。9月には、カナダ・バンクーバーで釜石の子どもたちから大漁旗を贈られ、震災への思いを深めた。「復興を成し遂げているスタジアムでの試合は特別。とにかくラグビーというゲームを見て楽しんでもらいたい」と好ゲームを約束した。

日刊スポーツ

「震災」をもっと詳しく

「震災」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ